CPU 冷却不足

| | コメント(0)

 Windows Vista Home Premium 32ビット版で3DMark06を動かしたら途中でリセットされてしまいました。CPUはPentiumD 805です。
 何度か試みているうちに、リセット直前に「温度が75度を超えた」みたいなメッセージが表示されていることを見つけました。
 温度が75度で警告が出るのはCPUです。そこで、CPU温度を観察してみました。
画面は関係なさそうなのでSuperPIで負荷をかけてました。

結果は58度近辺を上下していました。

hpvista-10-12.jpg

CPU使用率をみると50%程度です。CPU負荷が不足しているのでTMPGEnc DVD Authorで同時に負荷をかけてみました。

hpvista-10-21.jpg

負荷は90%以上になり、温度もじわじわ上がり68度になりました。


・CPU使用率が50%程度なら58度ぐらいで使用に問題なし。
・CPU使用率が90%を超えると冷却不足に陥る。
ということが言えそうです。

もともとZikarayはPentiumDには対応していないので、G325というmicroATXのキューブ型ケースではさらにつらいということでしょうか。PentiumD 805はTDP 95Wなので何とかなるかと思ったのですが甘かったようです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.1
Sony Style(ソニースタイル)
フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
29980円パソコン工房
ioPLAZA【地デジ対応液晶ディスプレイ】
デル株式会社